スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能絶対防衛用人型兵器 センターノヴァ

日々ポジティブな意味でもネガティブな意味でも話題に事欠かない国民的アイドル集団・AKB48グループ。
そのAKB48がアニメになるという。
実は私AKBさんは嫌いじゃない、というか極めて薄くぬるい程度ではありますがファンだったりしまして(顔と名前が一致するのは25人くらい…?)、
このニュースとAKBメンバーの初期イメージ画を見たときは思わず「まじか!」と驚いたものですよ。
確かにAKBと言えば選抜総選挙を代表するように心身共に徹底的に追い詰められる活動の数々、
その中で生まれる十人十色の信頼、友情、個人の成長、スターのオーラ、そして葛藤、挫折、過呼吸…
余りに残酷、しかし心の琴線に触れざるをえないエピソードは枚挙に暇がないわけで
これはひょっとするとひょっとするか~?みんな仲良しで終始ウルトラハッピーとかはやめてよ~?
と期待と不安が半々の中、物語は始まり先週最終回を迎えたわけですが…

いやー面白かった!本当に楽しかった!
見事にアイドルになりたいと願う女の子(襲名メンバー含む)の光と闇、そして更なる光を描いていたんじゃないでしょうか。
正直序盤はやっぱりSF設定とAKBのお話の両立は難しいのかな、と思ったところもありましたが
中盤のWOTA登場、彼方とたかみな、めぐちゃん(推しメンです)と佐江、優子さんの葛藤あたりの
エピソードの誰かを憎んでるわけじゃないのに生まれてしまう緊張感や心の壁みたいな展開は
こっちもテンションが上がらざるを得ないわけで、その後も77期生のキャラが立つのを感じてほほえましく思ったり、
12話は当然ゆーかちゃん株が爆上げしたりとあった中で、あーもう最終話なのかーと思ってたら2期けってーい!ヤーフー!!(゚∀゚*)
てなもんですよ。
まあ謎は全然解決してませんしまだ序破急の序が終わったくらいだと思うんで浮かれすぎも禁物ですが
分割4クール!劇場版!なんでもいいよ!
という心境の今日この頃です。

…枕が長くなりましたがそんな気持ちを絵にしたためてみました。

atsuko-c.jpg

AKB0048より13代目前田敦子さんです。ロボ化させて頂きました。
最終話のあの展開はこりゃダイバスターならぬアキバスターあっちゃん登場かー!?
と思ってしまいましたよええ。

ついでにオマケです。
atsuko-iwm.jpg
atsuko-river.jpg
atsuko-frg.jpg
atsuko-gm5.jpg

それではー。

追伸
夏コミ出ます。新刊は…ちょっとやばいかも…
スポンサーサイト
プロフィール

石田バル

Author:石田バル
サークルバルキアとして同人活動中。
ロボとか描いてます。

イラストなどのお仕事も募集中です。
何かご連絡がありましたら下記のアドレスまでよろしくお願いします。
[ishidaval@yahoo.co.jp]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アキバインDLsite.com
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。